東京モーターショー 2019 車輛編 Part 2

一端屋内会場から外に出て、有明会場と青海会場を結ぶ連絡通路を歩いてきました。シャトルバスが運行されているのですが、待ち時間が30-40分と聞いて諦めました。ひと駅分ですから、歩いた方が早いです。

その連絡通路も屋外展示場になっていて、こちらには実車が数多く展示されていました。ちゃんと飽きさせない工夫がされているんですね。ただ歩くだけでは、疲れますからねえ。逆に言うと、シャトルバスに乗ると、これらの屋外展示車は見れないのです。
天気も良かったし、運動にもなるし、何だか得した気分です。

先ずはキンキラ金のクルマから。金のシャチホコならぬ「跳馬」です。
夜間前に走っていたら、ヘッドライトの反射が眩しそうですね。
いやが上にも、車間距離を開けたくなります。もちろんオカマを未然に防ぎ、家族離散を防止するためです。家を手放さないと修理代が払えないのではないでしょうか。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

こちらは、金のGTRです。上の跳馬の方がキンキラ度が高いですね。
そう言えば、昔 Toyota 2000GT でも、ゴールドのクルマがありましたね。そちらの金ピカは、米国の著名人の手に渡ったとか。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

高級車というか高額車が続きます。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

マセラティー初のSUV 4×4 レヴァンテ ですね。
個人的には Range Rover を推しますけど、性格がまったく違いますから、単純にどちらが好きかということになるのでしょうね。
一言で表現すると、マセラティーはスポーツカー、レンジローバーはタフな面も持ち合わせた知的なジェントルマンといったところでしょうか。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

チェーンで囲ってはあるのですが、手を伸ばすと触れてしまう距離なんです。半島や大陸から来た方々は遠慮無しですから、見ているこちらは、気が気ではありません。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

跳馬の曲線美って、美しいですね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

このクルマはレンタルできるようです。どういう人が借りるのか、そちらに興味が向いてしまいます。RX-8 の改造車のようです。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

まだまだ続きます。




#東京モーターショー #tokyomotorshow #supercar #sportscar #ferrari #maserati #astonmartin

フォローする Follow me

コメントを残す