東京モーターショー 2019 車輛編 Part 3

ニッサンで昔販売した Be-1 とか PAO や エスカルゴ の親戚みたいな、所謂パイクカーというものですね。ヴィッツベースとのことですが、色からしてピカチュウを想起させるデザインです。個人的にはコレありだなあと思います。街乗りを考えるとオーバーフェンダーだけは止めて欲しいですね。あとバンパー部分のお口も、もう少し小さくして欲しいですね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

これはスズキのジムニー・シエラをベースに、限りなくメルセデスのGクラスルックに仕立てたクルマです。改造キットとして出るのか、完成車として出るのか、気になります。パクリモノとしてメルセデスと揉め事にならないように、デザイン契約とかしてあるのでしょうか。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

見た目は良くマネてますね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

こちらは、ニッサン・リーフのパトカーです。住宅地の巡回警備用でしょうか。停電時には、派出所の電源車にもなりますね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

このトラック、最初見た時、HINOのダカールラリー用のラリーカーかと思いましたが、コレは三菱FUSO製なんですね。
車体外側に付いているシルバーのパイプは、ロールゲージというよりかは、ルーフレール兼ハンドグリップのような感じがします。
この種のクルマは、事故や自然災害を想定してデザインされ、実戦投入される必要があることは百も承知ですが、実際に出番がないことを切に祈ります。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

国士舘大学との産学連携なんですね。搭載された設備を見てみたいです。リアパネルが後方にせり出しているのも気になります。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

こちらは、ダイハツ ハイジェットのカスタムカーです。
カリフォルニア工務店と書いてあるのですが、4×4 でマッドタイヤを履かせて、サンドビーチ仕様とした方が良さそうな感じがしました。
リアのケージが、サーブボードなんかを運ぶのに良さそうに見えたものですから。雪道仕様にすれば、スキー場なんかでも活用できそうですね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

何故かタイムスリップして、HINO の初代コンテッサ900 PC10型です。
これが意外や注目を集めていて、若い子なんかは「かわいい」というのです。サイズがそう思わせるのか、デザインが理由なのかはわかりませんが、オジサンにはちょっと嬉しかったですね。できれば、ミケロッティデザインの 1300 クーペとセットで展示してあればよかったのになあと思いました。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

まだ続きます。

世界最高品質の革と熟練職人のファクトリーレザーブランド【NAGATANI|ナガタニ】





#東京モーターショー  #tokyomotorshow  #改造車 #pikecar #rescue #customcar


フォローする Follow me

コメントを残す