何とミリタリー関連も 昭和の杜博物館

何と何と、ミリタリー関連の車輛や装備まで展示されていました。
ココは本当にビックリ箱のようなところです!!

最初はソフトなところから。
自衛隊の救急車ですね。陸上自衛隊なのか、航空自衛隊なのかはわかりませんが、当時のトヨタの大型ワンボックス車である「グランビア」ベースの救急車仕様で、通常のハイルーフよりさらにルーフが高くなっています。ドアミラー下部には、Ambulance (救急車) のプレートが貼ってあります。白く塗装された一般向けの救急車が、数多く街中を走っていたのを思い出します。

Military related by Disco-4@東京©

これもまた不思議な残骸です。
何と、これは米国GM社 CHEVROLET シボレー 製のトラックです。

Military related by Disco-4@東京©

普通に考えたら、JAF のレッカー車ですよね。

Military related by Disco-4@東京©

見た目はレッカー車のようなのですが、実はコレ、弾薬運搬用のトラックなのだそうです。恐らくはクレーンで爆弾やミサイル、大型の弾倉などを吊り上げて、ソロリソロリと運んだものと思われます。フロントにウインチが付いていますが、不整地でも活躍したのでしょうか。このトラックのデザインから想像するに、同種のクルマの中にはベトナムへの渡航歴を持つものがいるかもしれません。

2020_02_15 追記:
正式名称は Chevrolet M6 1.5 ton 4×4 truck Bomb Service だそうで、爆撃機への爆弾輸送・装填に使用されたようです。

Military related by Disco-4@東京©

コレ、何だと思いますか?

Military related by Disco-4@東京©

クジラのようにも見えますが、実はこの2つの物体は色違いの同じもので、航空自衛隊をつい先日退役したばかりの、
マクドネル・ダグラス社製 F4 ファントム II 戦闘機用増槽タンク
なのです。機体の中央下部に取り付けて燃料を供給するタンクです。
増槽タンクは、通常遠距離への飛行時にのみ使用され、先に増槽タンクの中の燃料を使用します。万が一相手と空中戦 (Dog Fight) になった場合は、このタンクを切り捨てて身軽になり、空気抵抗を減らした上で戦闘態勢に入ります。ただし、このタンクを取り付ける場合は、ミサイルなど重火器の搭載を減らす必要があります。機体に取り付けるスペースがなくなるためと、重くて離陸が困難になるからです。画面左端の赤いのは、遊園地などでよく見かける、クルマ型の揺れる乗り物です。

Military related by Disco-4@東京©

600ガロン (=2300リッター) もの航空燃料が入る、ビッグタンクです。 下の写真は、機体下部との結合部分をアップで撮影したものです。

Military related by Disco-4@東京©

手前のサビサビ缶が通常のドラム缶ですから、いかに大きいタンクかがお解り頂けるかと思います。

Military related by Disco-4@東京©

実はこのタンクには何ら説明書きが付されていなかったのですが、形状から判断して戦闘機の増槽タンクであろうことは察しがついたため、航空機関連のFBサイトで質問して、ようやく F4 ファントム II 用であることが判明しました。

Military related by Disco-4@東京©

こういうものが、ゴロリと地面に置いてあるのが、この昭和の杜博物館の特徴です。まさに、好きモノにはたまらない場所です。
我が家の小カングーが、いつも以上に小さく見えます。

Military related by Disco-4@東京©

コレも摩訶不思議なものです。
恐らく普通なら目もくれずに通り過ぎると思います。

写真は、アームを折りたたんだ状態ですが、上部のアームを伸ばすと先端にマニピュレーターが付いていて、モノを挟むことができます。

これは、Remotec 社の Andros という、シリーズ化された無線操縦ロボットです。Remotec 社は、ノースロップ・グラマン社の小会社となっています。アームの手前、Andros のネームプレート上には、カメラが付いていて、カメラの映像を見ながら無線操縦します。

ではマニピュレーターで何をするのかというと、ズバリ爆弾処理です。このロボットで爆弾を発見、運搬を行います。恐らく信管を抜く作業もできるのではないかと思います。何故なら、You Tube に動画がアップされていて、ドアノブを回転させて開けたり、階段を上り下りしたり、模擬弾を運ぶシーンがありました。
福島の原発で使えないものでしょうか。

Military related by Disco-4@東京©
Military related by Disco-4@東京©

恐らくこれは、もっと改善された個体の映像だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=aGiSeeFpIVs

さらにはこんなものまで。
模擬弾の弾頭カバーだと思われます。

Military related by Disco-4@東京©

さすがに触れませんでした。

Military related by Disco-4@東京©

究極はコレ。砲身は埋められていますが、実際に陸上自衛隊で使用されていたホンモノの牽引式火砲です。迫撃砲ではないかと思いますが、確証はありません。

2020/02/14 20:00 訂正 : 
M101 105mm 榴弾砲というご指摘を頂戴しました。

Military related by Disco-4@東京©

この組み合わせが何とも言えません。遊園地のおもちゃが、重しの代わりに使われているようですね。

Military related by Disco-4@東京©
Military related by Disco-4@東京©
Military related by Disco-4@東京©


まだまだ続きます。



フォローする Follow me

コメントを残す