働くクルマ Part 2 昭和の杜博物館

「何でアナタがココにいるの?」の Part 2 です。
こんなものまで展示されています。

4駆の消防車です。どこの消防署で活躍していたのでしょうね。
トヨタのランドクルーザーベースの車輛だと思われるのですが、エンジンフードやフェンダーのデザインに違いがあります。1950年代には、消防ポンプ車専用の FJJ 型というのがあったようなのですが、これがもしかしたらそうなのかもしれません。

2020_02_15 追記
このベース車輛は、Nissan Patrol FH60 だそうです。

働くクルマ by Disco-4@東京©

3代目スバル・サンバー ベースの消防車です。ドアの文字が消されていますが、三和町消防団と読み取れます。恐らくは 360cc エンジン時代のものと思います。

働くクルマ by Disco-4@東京©

何と警視庁の Honda Today ベースのミニパトで、リアウイング付きです。

働くクルマ by Disco-4@東京©

と思ってフロントに廻ると、劇中用撮影車と書かれています。
しかも、警視庁と書いてあるのに、野田ナンバーが付いているという不思議。そもそもホワイトのホイールを履いている時点で、違和感がありますよね。

働くクルマ by Disco-4@東京©
働くクルマ by Disco-4@東京©

Sumitomo の Jet Hover というホバークラフトです。あの巨大な住友グループと関係があるのかどうかは不明です。ジェットと名前が付いていますが、ジェットエンジンが搭載されている訳ではありません。ジェットスキーのように、風を強力に噴き出すという意味だと思います。この写真では無くなっていますが、以前はゴム又はビニール製のスカートが喫水線より下に付いていたようです。

働くクルマ by Disco-4@東京©

外にもダイハツの3輪トラックが。野ざらしではもったいないと思います。その隣は、ハイエースベースの幼稚園児送迎用バスのようです。ワンワンバスと言ったところでしょうか。

働くクルマ by Disco-4@東京©

どこかの遊園地から運んできたのでしょうね。Star Shuttle というのが名前のようですが、文字の上の部分が欠けているため、判りにくくなっています。

働くクルマ by Disco-4@東京©
働くクルマ by Disco-4@東京©


まだまだ続きます。




フォローする Follow me

コメントを残す