Land Rover Discovery-4 近況報告

最近ご無沙汰しておりました、我が Land Rover Discovery-4 の近況報告です。

ここ2ケ月ほどキャラバン牽引の機会がないため、出動のチャンスがなかったのですが、購入から7年が経過し3回目の車検時期が来たため、現在お世話になっているジャガー・ランドローバー三島店へ行ってきました。
https://retailers.landrover.co.jp/mishima

せっかく三島へ行ったのですから、普段撮影できない場所で、ドローンも使って撮影してきました。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

車検の際でも、トウバーは付けたままです。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

ヨットをバックにというシーンも似合いますね (自画自賛です)

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

カーゴスペースには、スタッドレスタイヤ4本が積まれていますが、エアサスのお陰で車体の姿勢に変化はありません。余談ですが、この姿勢制御のお陰で、エアサス装着車には、ヘッドライトの光軸調整がありません。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©
Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

車体の上から見ると、セカンドシート以降の頭上が、1枚のガラスで形成されていることがわかります。室内から見ると、セカンドシート頭上には、ロールバー的な骨格が存在します。この大きさ故に、ガラスルーフの開閉は前席上部のみが可能で、後部は開閉出来ません。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

サイドステップのシルバーのラインがアクセントになっています。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

現在約 75,000km を走行していますが、機関は絶好調です。その内、約7割がキャラバンを牽引しての走行ですから、タフなクルマです。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

英国車は、英酷品質などと陰口を叩かれますが、現代のランドローバーには当てはまりません。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

ルーフキャリアの上にヨットを載せたように撮れました。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

個人的にはやっぱり、このカクカクとしたデザインが好きですね。
V8-5000cc エンジンを積んだ、史上最強の Discovery です。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

秋を感じさせるショットです。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©
Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©

押し出しの強過ぎないマスクが気に入ってます。

Land Rover Discovery-4 by Disco-4@東京©


次の週末には車検完了で引き取りに行ってきます。

 Nordgreen公式直販サイト | Bang&Olufsenデザイナーがデザインした美しく
シンプルな北欧の腕時計ブランド 



ランドローバー, land rover, discovery, ディスカバリー, lr4, discovery-4,
ディスカバリー4,

#ランドローバー #landrover #discovery #ディスカバリー #lr4 #discovery-4
#ディスカバリー4

フォローする Follow me

“Land Rover Discovery-4 近況報告” への8件の返信

  1. お疲れ様です
    更新が無いので少々心配していましたが、
    きれいな写真が見れて安心です

    1. ちょっと外出が続いたので、ブログ更新が遅れました。自宅のPCでないと、このブログは書き込みできない設定なもので。今後はモバイルで操作できるようにしないといけませんね。自分には、ハードルが高いのですが。

    1. ありがとうございます。愛車心といっても、洗車もワックスもサボっていて、ほったらかし状態なんですが。次のブログに期待してください。

  2. 竹内さんにしては久しぶりの投稿ですね。少し心配してました。新しくなったランドローバー三島に初入庫ですか。レポートも楽しみにしています

    1. 三島に行ったり、週末はトレーラーのオーナーズ大会に参加と、出歩いていたもので。。。。。このブログが今のところ自宅パソコンからでしか更新できないのがネックになっていますが、外部からアクセスというのも自分にはハードルが高くてなかなか思うように行きません。次回のブログをお楽しみください。

コメントを残す