東京モーターショー 2019 Honda Jet

モーターショーにビジネスジェットを展示する。
いかにもホンダらしいですね。

正式名称は、ホンダ ジェット エリート というみたいですね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

ジェットエンジンを主翼の上に配置したお蔭で、客室内空間の拡大、荷室の拡大、空力特性改善、最高速度アップ、航続距離の増加、低燃費と、たくさんのメリットが生まれたそうです。
過去にも主翼の上にエンジンを搭載するアイデアはありましたが、排気の熱に主翼部品が耐え切れないという問題を抱えていました。例えば短距離離着陸機の飛鳥は、実験機が製作されただけで終わりました。今は各務原航空博物館に展示されています。
しかし、Honda Jet では、ジェットエンジンを主翼後方にオーバーハングさせることで、排気熱が直接主翼に当たらないようにしています。しかも水平尾翼が垂直尾翼の上方に付いているので、水平尾翼も排気熱の影響を受けません。
一方で、最後尾の座席からの視界は、エンジンと主翼でスポイルされるでしょうね。また、窓とエンジンがこれだけ近いと、騒音の問題をどうやってクリアしたのかが気になります。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

展示したあるのは模型ですが、かなり大型でディテールまで凝った作りです。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

不謹慎ながら、機首部分の形状やカラーリングからスルメイカを想像してしまいます。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

カラーパターンの展示例です。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

日の丸をイメージさせる赤白のパターンが、自分にはイチバンしっくりきます。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©
東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

成層圏の定義が、高度10km-50km の間なので、旅客機も Honda Jet も、成層圏を飛ぶことになるのですね。
因みに成層圏は英語で stratosphere で、Lancia Stratos (ランチア・ストラトス) の名前の由来でもあります。

意外だったのは、ヘリコプターが高度 6000m までなんですね。エベレストを飛び超えることができない訳です。また、軽飛行機でもエベレストはギリギリの高さなんですね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©

壁面パネルにドカンと貼られた Honda Jet の雄姿。デリバリーが始まって、日本にも到着しているようですから、実機が飛ぶ姿を見たいものです。特等席はやはりコクピットなのでしょうね。

東京モーターショー2019 by Disco-4@東京©


これにて、東京モーターショー 2019 を終了します。
お付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 Nordgreen公式直販サイト | Bang&Olufsenデザイナーがデザインした美しく
シンプルな北欧の腕時計ブランド 




フォローする Follow me

コメントを残す