ドローン購入に関する注意点

昨今ドローンの通販が盛り上がりを見せているようですが、ドローン購入に際しては注意を要する点があります。

それは「技適マーク」と呼ばれるものです。

この「技適マーク」とは、総務省令の電波法で定められた技術基準に、当該ドローンが適合していることを示すものです。

例えば正規ルートで販売されている DJI 製ドローンは、日本仕様となっており、技適マークが送信機の裏側についています。

ドローンは無線で操縦するものです。電波が混信したり、何らかの理由により電波が遮断された場合、ドローンは墜落する危険が高くなります。メーカーや機種によっては、こういった場合の安全策を盛り込んでおり、電波が途切れると出発地点に戻るとか、その場でホバリングするとか、その地点で着陸するなどといったセーフティー機構が働きます。

しかしながら、このセーフティー機構はすべてのメーカー、機種に採用されている訳ではありません。安全装置がない場合は墜落するしかありません。

そこで問題となるのが、正規ルート以外で販売されている輸入品です。
価格の安さを前面に押し出した広告をしていますが、これらが技適マークを受けているとは到底思えません。例え DJI 製のドローンであっても、正規ルート以外で購入すると技適マークが付きません。

技適マークがないくらいどうってことないでしょ、と安易に考えるのはキケンです。電波法違反に問われると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金刑に処せられます。

また影響はドローンだけに限りません。スマホや航空機などの通信機器と混信したりすると、最悪人命に関わる事態にもなりかねません。
海外モノは、無線の出力が大きいものがあり、電波が必要以上に遠くまで飛んでしまうためです。

法令順守という面からだけでなく、人命に関わる可能性があることをご理解頂き、技適マークのない製品は購入しない、使用しないようにしましょう。




フォローする Follow me

コメントを残す