チョコレートとエンジンの関係

ご存知 GODIVA のマークです。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

多くの方はこのマークを見て、チョコレートを想像すると思います。しかし、クルマ好き、特に英国車好きはスポーツカーやレーシングカーを想像します。上の写真もクルマのエンジン部分をアップで撮影したものです。

実はこのマーク、チョコレートのゴディバでは左右反転していて、馬も女性も右を向いています。
ベルギーのチョコレートなのに、何故英国が関係してくるのか不思議ですよね。
それは、Godiva のブランド名の由来を知ればわかります。
下記ゴディバHPを開いて、「ゴディバのエピソード」をご覧ください。
https://www.godiva.co.jp/about/episode.html


では、何故チョコレートとクルマのエンジンに、同じマークがあるのでしょうか。
それはこの英国製スポーツカー、Lotus Elite 1962年型、に搭載されたエンジンが、英国のコヴェントリー (Coventry) 生まれだからです。
つまり、Godiva 伯爵夫人の伝説の地で製造されたエンジンなのです。
コヴェントリーは、英国内でも自動車の一大生産拠点です。
またこの地は、シェークスピアの生誕の地である、
ストラトフォード・アポン・エイヴォンや、バーミンガムといった都市から、わずか30kmしか離れていません。
因みに peeping Tom (覗き見野郎)は、Godiva 伯爵夫人の伝説で、婦人の裸婦姿を覗き見したことから発生した言葉です。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

若干色味が異なるものの、Wedgewood のジャスパーウエアを連想させる、落ち着いた色合いの素敵な初代ロータス・エリートです。ルーフを塗り分けているところがオシャレですね。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

ロータス・エリートのエンジンルームです。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

下の写真にある、Coventry Climax という刻印は、コヴェントリーにある、クライマックス社製エンジンを意味します。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

Godiva は、Coventry の象徴なのです。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京
Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京
Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京
Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京
Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

ロータスの操業者であるコーリン・チャプマンのサインです。
F1界で一世を風靡した人物です。

Godiva Coventory Lotus by Disco-4@東京

車好きの方は、Coventry Climax に関する Wikipedia の解説をご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

フォローする Follow me

コメントを残す