水害による影響に巻き込まれました

一昨日の金曜、10月25日は雨に泣かされた1日となりました。
朝5時半に起きて、7時から明治神宮でラフェスタ・ミレミリア(国際的なクラシックカーのイベント)の参加車輛を撮影しましたが、雨がひどくてカメラはびしょびしょ、レインスーツの中までビショビショという濡れ鼠状態となりました。オープンカーで参加した方々は雨と寒さとの闘い、屋根付きのクルマで参加の方々は、窓の曇りとの闘いにご苦労されたことと思います。
自分は全身びしょ濡れとなったため、お昼で撤収し一端帰宅しました。

冷えた体を風呂で暖めてから、週末に開催されるランドローバーの軽井沢キャンプ会に参加すべく、Discovery-4 でキャラバンを保管しているトレーラー基地へ向かいました。ところがここで自分も水害に巻き込まれてしまいました。

首都高速湾岸線で湾岸習志野あたりから渋滞が始まり、すぐに行列は動かなくなりました。何でも成田空港へ向かう東関東自動車道が道路水没で通行止めとなり、千葉北インターで強制的に降ろされるというのです。
午後3時に都内の自宅を出てから、ずーっと車内で軟禁状態となり、千葉北インターを出て最寄のガソリンスタンドに入ったのが深夜0時。
何が苦しいって、トイレを我慢するのがこんなに苦痛だとは!
ガソリンスタンドでまっ先に行ったのがトイレであることは、言うまでもありません。ここまで家を出て9時間も掛かりました。長旅です。

途中でデルタリンク(トレーラー基地を保有するキャンピングカーの販売店)に連絡すると、トレーラー基地は高台にあるから大丈夫だが、そこまで行く道が水没していて通行止めとのこと。これを聞いた時点で、週末のランドローバーキャンプはドタキャン決定となり、関係者に連絡しました。

ガソリンを給油して、トレーラー基地を目前にしてUターンとなりましたが、スタンドから千葉北インターまで出るのにまた渋滞です。ようやく高速に乗ると、そこから先はスイスイと走行できて、自宅に到着したのは深夜3時過ぎでした。千葉北往復に12時間を要したことになります。この日は朝5時半起きだったので、最後は眠気との闘いとなりましたが、何とか無事に帰還することができました。

今日、日曜日にキャラバンの状態を確認しに、再度トレーラー基地に様子を見に行ってきました。デルタリンク千葉のオフィスに立ち寄ると、金曜日の様子を話してくれました。

この日は、半日で10月1ケ月分の降水量を記録したそうで、よく「バケツをひっくり返した」ような雨の降り方という言い方をしますが、この日は「滝のようだった」とか「クルマの洗車機に入っているようだった」とか「ケルヒャーで水をぶっ掛けられているようだった」そうです。凄まじい雨量であることが想像できます。
デルタの敷地内でも川が出来て、低いところに向かって流れていくのですが、その勢いが凄かったそうです。くるぶしくらいの深さの水が勢いよく流れ、立っていると足に当たった水が膝上まで跳ねて、傘をさしていても全身びしょ濡れになったそうです。

友人の子供が通う学校も1階が水没し、親が迎えに行ったそうです。
明けて土曜日は、学校の後片付けで、PTAにボランティアの協力依頼があったそうです。

下の写真は今日撮影してきた、トレーラー基地周辺の様子です。
基地から10mくらい下にあるコンビニは床上浸水して、駐車場の2トントラックの荷台くらいまで水位があったのだとか。駐車していた軽自動車のミライースは、エンジンルームが水没して、車体後部は軽いためにプカプカ浮いていたそうです。
このコンビニ前の道を通らないと、キャラバンが入出庫できないため、金曜日は出動不可能だったことが判ります。

コンビニのメイン駐車場はキレイに掃除されていましたが、裏手の駐車場にはまだこのような残骸が放置されていました。

周辺一帯がドロドロだったことが判ります。

この農業用水?が溢れたことが、今回の水害の原因です。普段は川幅1m程度の穏やかな流れなのですが、当日は濁流と化していたのでしょう。周辺の草が、なぎ倒されているのが判ります。

正直、自分が水害に巻き込まれるとは、思ってもいませんでした。
普段からハザードマップに目を通しておくことが重要なのだと、あらためて認識した次第です。
また、線上降水帯の恐ろしさも判りました。
2つの大型台風や大雨災害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。

ところで、我が家のキャラバンですが、まったく水漏れもなく、何らのダメージもありませんでした。今年で11年目を迎えるキャラバンですが、雨漏りしなかったことに驚きました。風が強くなかったことが幸いしたのでしょう。 これなら移動式シェルターとしてまだまだ使えますね。キャラバンが無事だったことが救いです。
因みにデルタリンクの展示車も、すべて雨漏り等はまったくなく、全車無事だったとのことです。




フォローする Follow me

コメントを残す