Honda Collection Hall  市販車

ホンダ初の市販4輪車が、この軽トラックです。
でもいかにもホンダらしく、エンジンは DOHC の 360cc です。
今と違って、当時は DOHC と言えば高回転型のレーシングエンジンやスポーツカー用のエンジンという図式でしたから、そんな高級なエンジンが軽トラに載るなんてと誰しも思ったことでしょう。マニアックな人たちはエンジンだけで飛びついたことでしょうね。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©
Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

バモス・ホンダ
中学の時に修学旅行で京都に行った際、初めて見てビックリした覚えがあります。日本車でこんなのがあるんだと。後年、ルノーやシトロエン、フィアットなどにも、同様なファンカーがあることを知りました。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©
Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

サッチモ (Louis Armstrong) の What A Wonderful World が TVCMで流れて、これも大ヒットした第三世代のシビック、ワンダーシビックですね。自分はこれの Shuttle に乗っていました。自分で購入した初めての新車で、CVCC 1500cc PGM-FI エンジン + 5速マニュアル + サンルーフ + ノンパワーのステアリングとサイドウインドウなど、今から考えると結構硬派なクルマでした。通勤からドライブ、旅行と、友人たちを乗せてよく走りました。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

マッドネスのCMソング City in City と共に大ヒットしましたね。
モトコンポだけでも買っておけばよかったと悔やまれます。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

City Turbo
Turbo II になると、ブルドッグというニックネームが付きましたね。
この時代はまだ CVCC エンジンでした。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

この時代は、バラード CRX とネーミングされていました。
それにしても、Today と 初代 Twingo って、雰囲気が似てますよね。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

アコード エアロデッキ
日本ではあまり評価されなかったようですが、ヨーロッパではこのデザインが受けたそうです。
昔からヨーロッパには、Lancia Beta HPE や Volvo P1800 といった、2ドアのワゴンというジャンルがありました。高級車になると、Aston Martin DB Series や Jaxuar XJS の Shooting Brake など、趣味の狩猟に行くために、お犬様を載せるためのスペースとして活用されました。
この発想で4駆を造ったのが、初代 Range Rover の2ドア版ということになる訳です。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

NSX-R 1992 Year Model
もう27年も前のことなのですね。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©
Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

こうやって見ると、S500のデザインは、イタリアンのように見えませんか。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©
Honda Collection Hall by Disco-4@東京©
Honda Collection Hall by Disco-4@東京©

インテグラ Type-R 赤バッジが懐かしいですね。

Honda Collection Hall by Disco-4@東京©
Honda Collection Hall by Disco-4@東京©


フォローする Follow me

コメントを残す