ニッサン・リーフとSORBO マットの追記

昨日アップした「ニッサン リーフ を運転してビックリした」と題したブログの中で、説明不足があった点を追記します。

先ずは SORBO のマットから。昨日の写真は販売店のHPにあった写真をそのまま使ってしまったため、実際に自分が愛用しているのか疑問が残る形となりました。これは今回の失敗点であったと思います。

そこで、改めまして、実際に自分が使用中のマットの写真を公開します。実際に使用しているため、汚れ等には目をつぶってください。

下の写真は小カングーの運転席に、3枚のソルボマットを並べたところです。購入した時期が違うため、色に統一感がありません(笑)

SORBO 腰痛対策マット by Disco-4@東京©

SORBO のネームタッグをアップしたところです。一番下にあるものが一番古くて、1993年より使用しています。

SORBO 腰痛対策マット by Disco-4@東京©

このネームタッグにもある通り、元々 SORBO は、英国生まれなのです。 SHOCK ABSORBING と書いてあることからも、ショック・アブソーバー、つまりショック吸収用マットという訳です。
このマットは、衝撃吸収と圧力分散を目的としたものですが、現在は日本を本拠地として、アキレスが全額出資の下、医療用人工筋肉や工業用衝撃吸収材なども開発しているようです。自分が最初に購入したのは1993年で、当時は確かカタログハウスでしか購入できなかったと記憶しています。

このマットがあるお蔭で、ランクル 120 プラド を所有していた時代に、琵琶湖の野洲 → 埼玉県鶴ヶ島市間をトレーラーを牽引して、鶴ヶ島でトレーラーを切り離して → 都内自宅までを1日で走破することができました。勿論翌日も腰はピシッとしていて、何の違和感もありませんでした。またオフィスでは事務職で毎日パソコンを操作していましたが、1日中座っていても大丈夫でした。但し、会議室に移動したりして、マットのない会社備え付けのイスに座ると、途端に腰痛が襲ってきました。(単に仕事がイヤなだけ?)

SORBO 腰痛対策マット by Disco-4@東京©

下記はアマゾンへのリンクです。現在はブラックとシルバーグレーの
2色があるようです。



さて、次はニッサン リーフに関する追加情報です。
以下は担当営業マン氏からの情報です。(2019年8月5日時点)

電気自動車購入に際しては、補助金が出るそうです。

国からの補助金 : 40万円 

以下は東京都が独自に実施する補助で、都内にお住まいの方または登記がある法人にのみ適用されるものです。 
東京以外の方にはごめんなさい。

東京都内に在住の個人  : 30万円
東京都内に登記のある法人: 25万円

また、東京都では新車登録年、及びそれから4年間(合計5年間)の自動車税が免税扱いとなります。
詳細はお近くの日産販売店にご相談ください。

以上、補助金と免税関係に記載モレがあったため、追記しました。

ソルボマット, SORBO, 腰痛対策, 腰痛, マット, 座布団, 衝撃吸収, ソルボ,
ニッサン リーフ by Disco-4@東京©

フォローする Follow me

コメントを残す