チンクエチェント博物館 in 山形県鶴岡市

チンクエチェント博物館 in 山形県鶴岡市
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©

2014年夏の東北キャラバンの私的メインイベントは、ここチンクエチェント博物館を訪問することでした。 チンクエチェント博物館は、愛知県知多半島に置かれていましたが、2014年5月に現在の山形県鶴岡市に移転してきました。

愛知のときは行きそびれてしまったため、今回鶴岡市を訪問した次第です。

チンクエチェントの知名度が現在のように高まったのは、間違いなくこの方たちのお蔭でしょう。 特にイエローのチンク=ルパンのイメージが確立したように思います。 やっぱり、カリオストロの城の影響って、凄いのですね。
宮崎駿監督の、いくつもある大きな功績のひとつは、2CVとチンクの存在を広く世間に知らしめたことだと思います。
クルマに興味がない人達でも、この2台はわかりますからねえ。

チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©

チンクエチェントのご先祖様、トッポリーノです。
ここまでキレイにレストアしてあると、もはや大衆車とは思えないですよね。

チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©

USA仕様。 出目金みたいですね。

チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©

チンク・エステート仕様

チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©

GHIA ジョリー。 ルノーキャトルで、このようなコンセプトの実車を見たことがありますが、チンクでもあったのですね。 
初代バモス・ホンダも、このノリだったのでしょうね。

チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©
チンクエチェント博物館 by Disco-4@東京©

小さなミュージアムですが、チンク好きにとっては心休まる空間でした。

家族は、ミュージアム前のイタリアン・レストランで、ケーキセットを。。。。。。。家族もちゃんとエンジョイできるように、レイアウトされたミュージアムでした。


オートドライブ USBメモリー 2007 Fiat 500 レッド 16GB

フォローする Follow me

コメントを残す