トレーラーの窓全開

これは2013年8月に撮影したものです。
志賀高原の涼しさに後ろ髪を引かれ(牽かれ?)ながら、8/16 (金) の早朝に山梨県の早川オートキャンプ場に向けて出発しました。
土日に開催される、販売店主催のキャンプ会へ参加のためですが、前泊するため金曜に移動です。
信州・中野市内のイオンで、キャンプ用の食材+おみやげを調達。
ここはトレーラー連結のまま停められる、広い駐車場があって便利なお店です。おまけに買い物もすべてカードで済むし。

昼頃早川ACに到着しました。
前回同様、電源サイトに無事チェックイン完了。久々にオーニングテントを出して、キャンプらしいスタイルになりました。

トイレの窓を除くすべての窓を全開にして、サイドオーニングをフルに展開すると、こんな感じになります。

ヨーロッパのトレーラーは、空気や風など自然の息吹を、上手に室内に取り入れて快適空間を実現します。

トレーラーの窓全開 by Disco-4@東京©
トレーラーの窓全開 by Disco-4@東京©

トレーラーの連結器部分にある脚立は、

① 
子供達がつまづいてケガをしないように目立出せる。
遊びに夢中になると、廻りに目が行かなくなるため。
さらに夜間は工事用パトランプ(赤い点滅灯)を付けて
注意喚起する。
一般の月極め駐車場でも目立出せる意味で有効。

② 
脚立と連結器をワイヤーロックで留めることで盗難防止。

③ 
バドミントンの羽などがトレーラーの屋根に乗った
場合に、伸ばしてハシゴとして使用。冬場は雪下ろし
にも活躍します。もちろん洗車の時にも重宝します。

トレーラーの窓全開 by Disco-4@東京©
トレーラーの窓全開 by Disco-4@東京©
トレーラーの窓全開 by Disco-4@東京©
ランドローバーのキャンプ会 by Disco-4@東京©


LAND ROVER ランドローバー キーホルダー キーリング k021

フォローする Follow me

コメントを残す