TPMS 夏本番のタイヤ空気圧と温度管理

夏本番になってきました。猛暑が続いて、クルマにもいろいろと負荷がかかる時期です。今回は、TPMS (Tire Pressure Monitoring System) で計測した、タイヤの空気圧と温度のデータをご紹介します。使用したのは我が家のヘッドに搭載した、エアモニ4にセンサー2つを追加したエアモニ6です。車輛は Land Rover Discovery-4 + Adria Adora 542UL のいつものお泊りセットです。この日の外気温は、車載温度計によると摂氏 43 度となっていて、トレーラー基地から一般道を 36km 程走行した時点の数値を取り上げます。

TPMS Tire Pressure Monitoring System Airmoni-6 by Disco-4@東京©


先ずはタイヤの空気圧です。6輪とも初期設定値から 0.4kgf / cm2 アップしています。空気圧に関しては外気温を考えると、想定内の数値です。

TPMS Tire Pressure Monitoring System Airmoni-6 by Disco-4@東京©


想定外だったのは、タイヤの温度です。最低でも 47 度、最高が 54 度となっています。ヘッドの後輪とトレーラーのタイヤは、どちらも左側が 4 ~ 6 度高くなっていますが、これは左側から直射日光を受けたためと思われます。ヘッドの前輪は左右ほぼ同じですが、前輪が1番高温になっています。これにはエンジンが発する熱が影響している可能性も考えられます。平坦な一般道をたった 36 km 走行しただけで、この温度になるとはちょっと驚きです。もし空気圧が下がっていたら、もっと高温になっていたかもしれません。今さらながら、タイヤの空気圧管理の重要性を認識した次第です。

TPMS Tire Pressure Monitoring System Airmoni-6 by Disco-4@東京©


Covid-19 のワクチン接種も進み、これからはドライブや旅行を楽しむ方々が増えてくると思います。今まで外出を控えていた=クルマの走行距離が伸びていない分、余計にクルマの日常メンテナンスの重要度は上がると考えます。安全安心なキャラバンを心がけたいと思います。












tpms, tire pressure monitoring system, タイヤ空気圧モニター, タイヤ温度管理, タイヤ空気圧管理,
caravan, trailer, camping trailer, キャラバン, トレーラー, キャンピングトレーラー,
land rover, discovery, ランドローバー, ディスカバリー, エアモニ, airmoni, adria, adora, adria adora,

#tpms #tirepressuremonitoringsystem #タイヤ空気圧モニター #タイヤ温度管理 #タイヤ空気圧管理
#caravan #trailer #campingtrailer #キャラバン #トレーラー #キャンピングトレーラー
#landrover #discovery #ランドローバー #ディスカバリー #エアモニ #airmoni #adria #adora #adriaadora









フォローする Follow me

“TPMS 夏本番のタイヤ空気圧と温度管理” への2件の返信

  1. 最近気が付いたのですが、我が家の近くにADRIAのキャンピングカーが存在していました。

    1. msgto510 さん、いつも「いいね」とコメントを付けて頂き、ありがとうございます。また今回は返信が遅くなりまして、申し訳ございません。
      ADRIA のキャンピングカーということは、自走なのでしょうね。昨今のヨーロッパ製自走タイプは、FIAT Ducato ベースが大半を占めています。
      2.3L 若しくは 2.8L のターボディーゼルとATで、あの巨体を走らせるのです。しかもFFなんです。何故かEUはあまり4x4に力を入れないようですね。これが4x4なら、日本でももっと売れるのにと思います。今はコロナで自走・トレーラー共に需要が高いそうですが、部品調達がネックになって、インポーターも日本のビルダーも頭を抱えています。

皆様からのコメントをお待ちしております。