我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加

2013年と、2014年のカングージャンボリーに参加した時の模様です。場所は富士山の麓、山中湖畔にある交流プラザきららです。
この場所をルノージャポンが借り切って、毎年5月に開催している催しです。2009年にスタートしてから毎年規模が拡大し、ルノー本社でも「何で日本ではカングーばかりが集まるのか」と話題になり、本社から視察が来たほどのイベントです。
2019年には、何と1700台を超えるカングーと5000人を超える入場者を記録した、世界一のカングーのお祭りです。

我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©


会場に隊列を成して入場する新旧のカングーたちです。山中湖畔にある会場への進入路(画面奥)も、カングーで埋め尽くされています。

我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©


初代カングー(通称小カングーと呼ばれる我が家にある5ナンバーサイズのカングー)は、2代目クリオ(日本ではルーテシア)のプラットフォームを使用していました。フルモデルチェンジして登場した3ナンバー登録となる通称デカングーは、メガーヌのプラットフォームを使用しています。このため車幅は広がりましたが、ヨーロッパの標準規格パレット(800x1200mm のユーロパレット)を積めるようになりました。

我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©


こちらはカングーのご先祖様たちです。キャトルですね。

我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©


こういう楽しい飾りつけをしているクルマを見て廻るのも、カングージャンボリーの楽しみ方のひとつです。

我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©


この日、富士山は雲に隠れてばかりでした。

我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©
我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加 by Disco-4@東京©



つづく














ルノー, カングー, 小カングー, ルノーカングー, 2代目ルノーカングー,
ルノー練馬, カングー漢音開き, ファニーフェイス, カングー1.6,
イエローカングー, ルノーNT販売, ルノーカングー1.6, ルノージャポン,
renault, kangoo, small kangoo, renault kangoo, renault kangoo second generation,
renault nerima, kangoo double back door, funny face, kangoo1.6, フランス車,
yellow kangoo, renault nt sales, renault kangoo1.6, renault japon, french car, 
renault kangoo 1600, ルノーカングー1600, kangoo double door, double back door,
kangoo jamboree, カングージャンボリー, 山中湖,
#ルノー #カングー #小カングー #ルノーカングー #2代目ルノーカングー
#ルノー練馬 #カングー漢音開き #ファニーフェイス #カングー1.6
#イエローカングー #ルノーNT販売 #ルノーカングー1.6 #ルノージャポン
#renault #kangoo #smallkangoo #renaultkangoo #renaultkangoosecondgeneration
#renaultnerima #kangoodoublebackdoor #funnyface #kangoo1.6 #フランス車
#yellowkangoo #renaultntsales #renaultkangoo1.6 #renaultjapon #frenchcar  
#renaultkangoo1600 #ルノーカングー1600 #kangoodoubledoor #doublebackdoor
#kangoojamboree #カングージャンボリー #山中湖





フォローする Follow me

“我が家の2代目 ルノー・カングー Part 3 カングージャンボリーに参加” への2件の返信

  1. カングーは同乗も運転もしたことがありませんが、なんとも存在が気になる車です。
    こだわりを持ったオーナーが多いのもいいですね。
    先日行った長者ヶ崎でも、30台程度のなのに、小カングー1台とデカングー2台もいましたよ。
    オーナーがいないと思って息子におー小カングーだと大きな声で言ったら、リアゲートの方にオーナーさんが居て、なんとなく会釈してしまいました。(笑)

    車が取り持つ縁というのは良いですね。

    1. たぬ~ですさん、いつもコメントありがとうございます。
      30台中3台もカングーだなんて、めちゃくちゃカングー度濃いですね(笑)
      オーナーさんが隠れていたとは、たぬ~ですさんもビックリされたでしょうね。
      ランドローバーもそうですが、クルマが取り持つ縁っていいですよね。
      トレーラーオーナーのオフ会も、そんな感じです。ひとつ違うところは、
      トレーラーの場合はメーカーを問わずということでしょうか。

コメントを残す