屋外旧車展示場 昭和の杜博物館

昭和の杜博物館の、屋外展示場で見学できる旧車たちです。

Honda N360 通称エヌコロで、年式は不明です。
1967年~1971年の間に販売されました。
N360 発売以前のホンダは、4輪車としてはスポーツカーのS500, 600, 800 の他は、軽トラックの T360 と、商用車2車種程度しか生産実績がなく、この N360 が実質的にホンダ初の量産4輪車となったそうです。しかもいきなり FF レイアウトですから、大したものだと思います。因みに N360 の N は Norimono を意味するそうで、現在でもN-Box や N-One のネーミングに引き継がれています。

Honda N360 by Disco-4@東京©

Subaru 360 通称てんとう虫で、1970年型です。
スバル(当時の社名は富士重工)の前身は中島飛行機で、戦闘機メーカーとして名を馳せた企業でした。その技術者たちが造り上げたクルマ故に、空気抵抗低減や車体の軽量化、エンジン設計など、航空機開発・製造技術を生かして設計・製造されたクルマです。Subaru は現在でも航空機製造分野に関与し、Boeing 787 Dreamliner の開発・製造に参加しています。

Subaru 360 by Disco-4@東京©

Toyota Publica DX (UP10D)  1961年型
トヨタ・パブリカの初代モデルです。パブリカとは、一般公募した車名から付けられたもので、パブリック・カーを意味する造語です。
自分が運転免許を取得して初めて運転したのが、当時我が家にあった 2世代目となる1969年型のパブリカ UP30 です。
この初代 UP10D は、空冷水平対向2気筒OHV 700cc エンジンをフロントに搭載した、FRレイアウトです。我が家にあった2世代目 UP30 には、800cc に排気量アップされたエンジンが搭載されていました。
この 800cc エンジンは、Toyota Sports 800 通称ヨタハチと基本的に同じエンジンで、キャブレターに違いがあります。

Toyota Publica DX The first model of Publica by Disco-4@東京©

Mitsubishi Debonair ミツビシ・デボネア 
1964年~1986年まで、22年間も製造された初代デボネアです。
上の3台すべてフェンダーミラーの時代のものですが、このデボネアのミラーはほとんどボディーの先端に取り付けられています。
デザインは、元米国 GM に在籍したハンス・ブレッツナー氏が担当したということで、小さなアメ車風に見えます。
このクルマは三菱関連企業の専用車だ、なんてことをよく言われていましたが、2度のフルモデルチェンジを経験した後、1999年で姿を消しました。

Mitsubishi Debonair by Disco-4@東京©
Mitsubishi Debonair by Disco-4@東京©

BMW 2002 Turbo
通称ゼロニイ又はマルニ ターボで、1973年式です。
1973年に登場したこのクルマ、量産車としては世界初となるターボチャージャー搭載車ですが、総生産台数は 1672 台に留まりました。
BMW は前述の Subaru 同様に、航空機用エンジンメーカーとして名を馳せた会社で、ターボチャージャーによる過給技術も、高高度 (=空気が薄い層) を飛行する航空機エンジンからの転用です。
BMWのエムブレムは、円の中に十時が入ったものですが、これは航空機のプロペラを表したもので、青と白の塗り分けは、バイエルンの白い雲と青い空をイメージしたものです。以前はこの説明が BMW の日本語サイトやカタログに記載されていたのですが、現在は記載がないそうです。

BMW 2002 Turbo by Disco-4@東京©

当時正規輸入された個体は、リベット止めのオーバーフェンダーが車検に通らないため、外して穴をパテ埋めしたそうです。

BMW 2002 Turbo by Disco-4@東京©

当時は、リアにある Turbo の文字が、カッコよく且つ羨ましく見えたものです。

BMW 2002 Turbo by Disco-4@東京©

これも大切なクルマと書かれています。

Ford Thunderbird Convertible 1962年型とプレートには書いてあるのですが、自分が知っている 1962年型 Thunderbird (通称 T-Bird) とは、フロント廻りのデザインが異なるのです。1962年型は3代目となり別名 Bullet Birds と呼ばれる通り、サイドから見たときのフロント部分が、流線型をしているのです。ところが、このクルマは角張っていて、エンジンフードのデザインも異なります。テールが壁に張り付いていたため、リアを目視することも写真を撮ることもできませんでした。このため確認のしようがないのですが、個人的には第4世代にあたる 1964 – 66年型の Flair Birds と呼ばれるモデルではないかと思います。サイドから見たフロント部分が角張っていること、エンジンフードの盛り上がりや、フロントタイヤ直後のメッキパーツによる装飾も Flair Birds のものと一致します。

Ford Thunderbird Convertible by Disco-4@東京©
Ford Thunderbird Convertible by Disco-4@東京©
Ford Thunderbird Convertible by Disco-4@東京©

この角度から見るお顔は、広角レンズで撮影したせいもあるのですが、どこかファニーな感じです。

Ford Thunderbird Convertible by Disco-4@東京©
Ford Thunderbird Convertible by Disco-4@東京©

Hino Contessa 1300 Coupe 1965年型です。
♬トントントントン・日野の2トン♬ のTVCMでお馴染みの、日野が生産していた自家用車です。RRレイアウトで、デザインはあの ミケロッティ (Giovanni Michelotti = 先日アップしたランチア・ミザールのデザイナー)が担当しました。当時の国産車の中では、あか抜けたデザインでイタリアンテイストなのは、このためです。
父の勤務先で4ドア版を使っていたのですが、RRのレイアウトでステアリングの遊びが大きいために直進性が悪く、父はこのクルマの運転を嫌がっていたのを思い出します。クーペのデザインはカッコいいのですが、社用車としての実用性を考えると4ドアになりますよね。

Hino Contessa 1300 Coupe by Disco-4@東京©

このクルマの説明書きには、「スポーティーでイタリアンな GT カー」と書かれていました。自分がイメージする GT カー とは、ちょっと違いがあるのかなあというのが率直な感想です。父から聞いた「直進性」が耳に残っているもので。それとも、クーペとセダンでは、操縦性がかなり違ったものだったのでしょうか。

Hino Contessa 1300 Coupe by Disco-4@東京©
Hino Contessa 1300 Coupe by Disco-4@東京©
Hino Contessa 1300 Coupe by Disco-4@東京©

このクルマには、何の説明書きもありませんでしたが、
Nissan Skyline GT-R (通称ハコスカ)です。年式等は不明です。
2ドアハードトップモデルなので、生産は 1970 – 1972年の間に行われました。このクルマもナンバーが2桁なので、新車登録時からのものと思われます。

Nissan Skyline GT-R by Disco-4@東京©
Nissan Skyline GT-R by Disco-4@東京©

ここからイッキに年代が遡って、所謂クラシックカーの世界に入ります。

Chevrolet Superior Series K (Touring Type) 1925年製です。
シボレーのこんなクラシックカーに、ここでご対面できるとは思ってもいませんでした。1927年には宿敵 T型フォードを抜き、世界一の量産車となりました。今から95年も前に生まれたお婆ちゃんです。クルマは女性に例えられますから。

Chevrolet Superior Series K (Touring Type)  by Disco-4@東京©
Chevrolet Superior Series K (Touring Type)  by Disco-4@東京©

Chevrolet の名を冠する乗用車としては、現在 Corvette と Camaro しかGM Japan を通じて正規輸入されていないのが現状です。

Chevrolet Superior Series K (Touring Type)  by Disco-4@東京©
Chevrolet Superior Series K (Touring Type)  by Disco-4@東京©

これが 1927年に登場した Ford Model A なのです。
よく Ford Model T という名前は聞かれると思いますが、実は登場したのは T が先で、A が後なのです。このクルマは1929年製となっています。ピックアップトラックなので、1ナンバー登録となってしまいます。

Ford Model A Pick Up Truck by Disco-4@東京©
Ford Model A Pick Up Truck by Disco-4@東京©

ラジエターキャップの上に付いているのは、よくあるマスコットではなく、水温計のようなのですが、数値による温度表示もないため確信が持てません。

Ford Model A Pick Up Truck by Disco-4@東京©

まだまだ続きます。

世界最高品質の革と熟練職人のファクトリーレザーブランド【NAGATANI|ナガタニ】




フォローする Follow me

コメントを残す