車イスを載せられますか?

このブログは2013年3月に、みんカラというSNSに掲載したものをベースに、アレンジしています。

Wheel chair by Disco-4@東京©

みなさんのクルマに、車イスを載せられますか?

超高齢化社会を向かえている日本。 我が家にもご多分に漏れず、車イスを使用する高齢者がおります。 そこで、今回はどうやって車イスをクルマに載せるか。

上の写真は、我が家の小カングーに載せたところです。この車イスは折り畳み式の標準サイズのもので、ブレーキ付き押し手のところ(背当ての部分)を下に倒した状態です。もちろん、足のせのステップも格納して、全長をミニマムに抑えてます。

小カングーは全長4mにも拘わらず、車イスを縦にした状態で見事に飲み込みました。我が家の小カングーは、初代小カングーと室内寸法はいっしょですが、バンパーのデザイン変更で、車検証上4mをわずかに超えます。初代のファニーフェイスをした小カングーは全長3.95mでした。
全長4mのクルマで、この状態で積載できて、5人の大人が乗れる車は、数少ないと思います。これであれば、5人で週末の旅行に行くことができます。

リアドアを締めたところです。どこにも接触せずに、閉められます。

Wheel chair by Disco-4@東京©

次は亡き父が所有していた、Fiat Punto Evo です。
何とかギリギリたてた状態で載りましたが、他の荷物を積むスペースはありません。後方視界も気になるところです。 

Wheel chair by Disco-4@東京©
Wheel chair by Disco-4@東京©

最後に Disco-4 です。
はっきり言って、楽勝です。ただし、カングーと比較して、思ったよりも前後に余裕がない感じです。もう少しリアまでの余裕があると思っていたのですが。

Wheel chair by Disco-4@東京©

この結果、車イスの積載能力は、
Punto = 1台  Kangoo = 2台   Disco = 3台 という結果になりました。

もちろん、3台ともリアシートを倒せば、もっと積載可能となります。

この点から見ると、やはり小カングーの積載能力が、全長が短い割には光っていると言えるでしょう。 しかも、立てたまま載せられるので、立派なものです。

みなさんのお宅のクルマはいかがですか。 

これからは、ゴルフバック何ケ積めるではなく、車いす何台積めるの時代となるのではないでしょうか。 そうなると小型車はワンボックスだけになってしまう? それも味気ないですねえ。
タクシーだって、いつまで3ボックスのままでいられるか。
NYのイエローキャブも、ニッサンのワンボックスに切り替わってますし、日本でもブラックの Japan Taxi が増えてきましたね。
但し、Japan Taxi は、実際には車イスを載せ難いと聞いています。
出来るということと、やり易い・簡単・ラクは、次元が違いますから、設計の方々には是非とも Easy という言葉を念頭に置いてもらいたいと思います。
その時代、時代で、社会のインフラなどへの要求スペックは変わるものなんですね。





#renaultkangoo #renault #kangoo #fiatpunto #fiat #punto #landrover
#landroverdiscovery #discovery #wheelchair
#ルノーカングー #ルノー #カングー #フィアットプント #フィアット
#プント #ランドローバーディスカバリー #ランドローバー #ディスカバリー
#車イス #クルマイス #車椅子 #車いす





フォローする Follow me

コメントを残す