大谷石の博物館

栃木県大谷町にある大谷資料館です。2万平方メートルにも及ぶ旧採石場を大谷石の博物館として整備してあり、地下に巡らされた大神殿のようです。

入口にある自動販売機が、すでに大理石仕様になっています。フィルムを貼ったものでしょうが、石の感じがよく再現されています。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

大谷資料館は、これら作品の撮影にも使用されていますが、ご存知でしたでしょうか。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©
大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

大谷資料館を取り囲む岩石群です。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©
大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

部分的に削り取られていますが、何に使用されたのでしょうね。しかも何故この形に削ったのか、不思議です。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

右側は垂直に削られていますが、左側は自然のままです。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

構内はまるで大神殿のようです。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

ライトアップするカラーが時間により変わるので、大理石の表情が変化しているように見えます。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

下から仰ぎ見た大理石の壁です。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

広大な大神殿です。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©
大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

構内は階段だけでなく、このようなスロープもあります。切削した大理石を搬出するための通路なのでしょうね。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

コンサートも開けそうですね。
音響的にはどうなのか、興味があります。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

ドンペリニョン「P2」の日本発売日の前日に開催されたレセプションで、フォトセッション用に用意されたエンブレムです。
主催者のモエヘネシーディアジオ社より、開催地への記念として寄贈されたそうです。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

礼拝堂を模して作られているようです。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

画面下部1/3は水面で、中央の石柱に照射されたライトが、水面に反射しています。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

神殿建設現場のような光景です。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©

大理石の岩壁に作られた、平和観音です。高さは 27m もあります。

大谷資料館 大谷石の博物館 by Disco-4@東京©



フォローする Follow me

コメントを残す